気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

海外の話題

1: 気になる人 ID:PztEf1vD0.net
2 designers have just taken the selfie stick one step further: now you can
pretend that your trusty photographic aid is actually the arm of someone
who is taking a photo of you. While holding your hand.

Sadly it's not yet in shops - it's just a prototype at the moment, created
by Aric Snee and Justin Crowe.
http://www.mirror.co.uk/usvsth3m/make-your-selfies-less-lonely-5599233
no title

no title

1: 気になる人
韓国メディア・聯合ニュースTVは21日、
2018年平昌冬季五輪の準備状況について「まだ不協和音、平昌が不安」と報じた。

報道によると、スノーボードやスキーのフリースタイルなどが予定される「晋光フェニックスパーク」は、 最近の国際スキー連盟の調査で「施設を大幅に改修する必要がある」と“不合格判定”を受けた。

だが、これを受けた韓国側は、施設を改修するか、競技場そのものを変更するかで意見が分裂。
五輪関連の3省庁は結論を出せずにいるという。

このほか、新設する6つのスタジアムのうち、 工事の進捗率が10%を超えているのはそり種目のスライディングセンターのみ。
政府や江原道、平昌組織委員会などの“不協和音”によって4か所の競技場が設計変更を迫られているという。

なにも進展せずに時間だけが流れていくのはマーケティングでも同様で、スポンサーもなかなか現れない。
さらに、興行の成功には不可欠の要素となる「地元選手の競技力」も、ごく一部の種目を除けばメダル圏には程遠い状況だ。

聯合ニュースTVはこうした状況を「政府と組織委、江原道が、平昌五輪開催の決まった2011年からの4年間の歩みを続ければ、五輪開催の成功は願望だけで終わる可能性がある」と論評している。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「早いうちに返上することだけが最悪の状況を免れる道」

「平昌!成功しても失敗しても、五輪後の江原道の破産は阻止できない」

「正直、仁川アジア大会まではこういう不安はなかった。仁川があまりにもひどかったので不安が大きい」

「担当部の長官を更迭し、すぐに進めねば。客を招待しておいて、この状況では国際的な恥さらし。国のイメージが毀損され、大きな打撃を受けるだろう」

「このままでは成功どころか、国際的な恥さらしになるのは明らか。そして莫大な借金が残る」

「李明博政権は、国際イベントをたくさん誘致し、成功させていたが、今の政権では、誘致はできても成功はできない。残念」

「韓国公務員の無能さを世界に宣伝する絶好のチャンス」

「今でも遅くない。日本に渡そう」

「宿泊問題も大きい。カンルン市はホームステイや民宿を活用したいが、観光客には物足りないと思う。高級ホテルのようなサービスは期待できない」

「日本と分散開催しろ。無駄に浪費することはない。ソチだって赤字だった」

「五輪資金問題を解決するために、国民からゴールドを集める運動が始まるかもしれない。プライドは捨てて、返上しろ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150222-00000004-xinhua-cn

1: 気になる人 ID:6ynbGdAK0.net
えっ、「ロッキー」の名所で本人とばったり! 米フィラデルフィア

 ボクシング映画「ロッキー」(1976年)に出てくる名所でロッキー(シルベスター・スタローン)の真似をしていたら、本人に会っちゃった!

 この幸運な男性トリオは、ボクサーのロッキーがトレーニングのため米フィラデルフィア美術館の正面階段を駆け上がる場面を真似て競走していたところ、スタローンとばったり。そこでお願いして、 パシャリと記念撮影をしたというわけ。

 スタローンは、ロッキーのライバルかつ親友のボクサー、アポロ・クリード(カール・ウェザース)の孫が主人公になる新作「Creed(原題)」の撮影のため訪れていた。

 この階段では、有名な「ロッキーのテーマ」に乗ってロッキーが駆け上がり両手を広げる名場面を真似る観光客が後を絶たない。

http://www.sankei.com/entertainments/news/150123/ent1501230022-n1.html
no title

1: 気になる人 ID:tTQyAHEv0.net
報道陣に囲まれ女優のようなオーラを放つこの女性は、なんとポーランドの次期大統領候補。
歴史学者や金融コンサルタントとして活躍し、テレビキャスターの経験も。
民主左翼連合から大統領候補に選出されているそう。

リンク先に動画も
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/news_business/pf9dac92a2207b23f177f66c278b50ca9

マグダレナ・オグレクさん(35)
no title

no title

no title

no title

1: 気になる人
1月19日、過激派組織「イスラム国」を称するグループが日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約240億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告する動画を公開した。

この動画を元に、日本のTwitterユーザーが画像を加工。いわゆる「コラージュ」し、 #ISISクソコラグランプリ というハッシュタグを付けて投稿されている。中にはコラージュ画像をもとに、イスラム国のメンバーと思われるアカウントとやりとりをする人もいた。

未だ人質が取られている状態であることから、こうした投稿は物議を醸している。海外のメディアもこの現象を取り上げ、アルジャジーラは「趣味の悪い投稿もあり、人質の命を危険に晒している」と批判的に報じた一方、カナダのサンニュースは「日本のTwitterユーザーの、 イスラム国への対抗方法」としている。

表現をめぐっては、7日、フランス・パリで襲撃を受けた週刊紙「シャルリー・エブド」の風刺画で問題になったばかり。自由か。配慮か。
まだ議論は続きそうだ。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/21/isis-twitter_n_6520924.html

1: 気になる人 ID:xo3PI5tu0.net
1,200億払う
2,2人で頑張って逃走する
3,自衛隊が救出する

どれが現実的だろうか

4: 気になる人 ID:Utkqyh4f0.net
憲法九条を唱える

5: 気になる人 ID:H/cB6oFNa.net
4,見殺し

7: 気になる人 ID:4FiWz/sv0.net
5.キティちゃんグッズを例の人にあげる

このページのトップヘ