気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

海外の話題

1: 気になる人
韓国が茶道を世界文化遺産に申請しようとしていることに対して、中国ネットユーザーから反発が出ていることを伝えた。

韓国が中国で長い歴史を持つ茶道を文化遺産申請する計画を立てていることがメディアで報じられ、 中国ネットユーザーが大量の「ツッコミ」を入れた。
端午節、中秋節、李時珍に続いて、「中国茶道」が韓国人に目をつけられたのだ。韓国はしばしば中国の文化的遺産を横取りしており、ネットユーザーたちは以下のように、我慢ならないという感情を示している。

「あれだけしっかりとした整形技術を遺産申請しないことを心から残念に思う。いつも他人のものばかり気にするのはよくない。自分のものをより発展させ、高めていくことこそ、やるべきことなのだ」
「エアコンは君たちのものだ。レーザーポインターも君たちのものだ。早く遺産申請したまえ」
「われわれ自身も遺産保護を重視しなければいけない。これも警告の1つではないのか?」

「本当に心が痛む。お茶は本来中国のものだ。しかし今、この伝統文化を伝承し広めていく取り組みは他国より遅れている。国の文化部はただの置き物か?
 こんなことになってもまだ保護に力を入れようとしない! もし韓国が本当に遺産申請をすれば、 成功しない可能性はないだろう。なにしろ彼らはちゃんと伝承しているのに、われわれの茶文化は間もなく消え去りそうなのだから」
no title

3: 気になる人
韓国の茶道ってポット使うけどいいのかwwwwwwwwwww

4: 気になる人
トイレットペーパーも使うよな

1: 気になる人
 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画をテーマにしたコメディー映画を上映する映画館をテロ攻撃の対象にするとにおわせる警告文がネットに投稿されました。

 「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント」が今月25日にアメリカなどで公開予定している
コメディー映画「ザ・インタビュー」は、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしています。

警告文をネットに投稿したのは「ガーディアンズ・オブ・ピース」と名乗る集団で、「2001年9月11日を思い出せ。映画が上映される場所から離れることを勧める」と、映画館をテロ攻撃する可能性をにおわせています。
さらに「近いうちに起こることは、ソニー・ピクチャーズの欲が招いたもので、世界中から非難されることになる」としています。

ガーディアンズ・オブ・ピースはこれまで、ソニー・ピクチャーズへのハッカー攻撃に関与したことを認めていて、 「我々は完璧であり、FBI(米連邦捜査局)には捕まらない」と挑戦的なメッセージを出しています。
このサイバー攻撃について、アメリカのメディアは「北朝鮮が関わっているという見方が強まっている」と報じています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000040912.html

「金正恩暗殺計画」映画が公開中止に テロ予告受け

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画をテーマにした映画の公開を予定していたソニー・ピクチャーズは、テロの予告を受けて、映画の公開を取りやめることを決めました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000040973.html
no title

3: 気になる人 ID:ixQkZ55w0.net
どうせなら無料でネットにばらまけば?

1: 気になる人
2014年12月12日 15時00分33秒
米海軍が1発100円のレーザー砲発射実験を公開、強力な破壊力もプレステ感覚で操作可能

レールガンなどの次世代兵器の開発を進めるアメリカ海軍が、2014年10月に新型のレーザー兵器「Laser Weapon System(LaWS)」の発射実験を行いました。
ついにその発射実験の様子がムービーで公開され、LaWSの威力が明らかになりました。

Laser Weapon System (LaWS) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=D0DbgNju2wE



これが最新のレーザー兵器「LaWS」
no title

ペルシャ湾沖で停泊するアメリカ海軍の輸送揚陸艦「USS Ponce(ポンス)」にLaWSを搭載して実験は行われました。
(中略)
強力な破壊力を見せつけたLaWSはアメリカ海軍が4000万ドル(約50億円)かけて開発した兵器で、レーザー砲1発あたりにかかる費用は0.59ドル(約100円) と言われており、従来のロケットミサイルや爆弾に比べると破格の安さ。アメリカ海軍は2020年までにLaWSを艦隊に実戦配備する計画です。
http://gigazine.net/news/20141212-us-navy-laser-weapon-movie/
no title

no title

no title

1: 河津落とし(大阪府)@\(^o^)/
 「最新鋭」の看板とは裏腹に40年前の性能のソナーを搭載していたと指摘され、韓国内で大問題になった海軍の救助艦「統営(トンヨン)艦」に、さらなるスキャンダルが持ち上がった。
搭載されていたのは軍用ソナーではなく、漁船用の「魚群探知機」だったことが監査で明らかになったのだ。
探知機自体は最新鋭でマグロ漁に適しているとされるが、韓国内では「1600億ウォン(約160億円)の税金を投入して軍艦ではなく、 高性能のマグロ漁船を建造したのか」と軍や防衛当局に再び批判が集中している。(岡田敏彦)

 統営艦(3500トン)は、沈没もしくは沈みかけている軍艦や潜水艦から乗員を救助、曳船(えいせん)するための救助艦(救難艦)として2010年起工、12年に進水した。
以降、さまざまな装備の設置工事を行っていたが、海軍への引き渡し予定の昨年9月になっても完成せず。
今年4月のセウォル号沈没事故でも現場に姿はなく、「無用の長物」(東亜日報電子版)などと厳しく批判された。

 さらに10月には、事故を起こした潜水艦や沈没船の位置を探る「サイドスキャンソナー」について、国政監査を行った韓国監査院が「40年前に建造された旧式の韓国軍艦と同じ水準・仕様だ」と指摘。
装備品の導入を統括する防衛事業庁が勝手に要求性能を下げ、2億ウォン(約2千万円)のソナーを特定の業者から41億ウォン(約4億1千万円)で購入していた-と 朝鮮日報(電子版)など現地メディアが一斉に報じ、大問題となった。

 なぜ40年前の旧式ソナーが使われていたのか、この20倍の水増し請求で浮いた差額の39億ウォンはどこへ消えたのか。
不正をただすため、ブローカー(仲介業者)の米ハケンコ社や元防衛事業庁職員、軍の幹部に対し、野党議員らが中心になりさらに監査が行われた。

 その結果、判明したのは「実はソナーは軍用ではなく、漁船用のものだった」という驚愕(きょうがく)の事実だった。

長いので全文ソース
http://www.sankei.com/west/news/141208/wst1412080002-n1.html
no title

1: アイアンフィンガーフロムヘル(WiMAX)@\(^o^)/
月曜朝、ロサンゼルスのダウンタウンにある建設現場で大火事が発生した。
ロサンゼルス消防局の広報デヴィッド・オルティズ氏によれば、250人を超える消防士が消火にあたった。

「これは歴史的な火災(a historic fire)です。われわれ消防士が一生に一度の火災と呼べるものです」。オルティズ氏がNBCニュースに語った。
「巨大です。このような大きな建物火災は記憶にないし、13年間の消防局に勤めて初めてです」

http://www.nbcwashington.com/news/national-international/Massive-Fire-Burns-at-Downtown-LA-Structure-285058921.html
no title

no title


http://abcnews.go.com/US/los-angeles-building-fire-closes-parts-freeways/story?id=27439606
no title


http://www.inquisitr.com/1663837/los-angeles-inferno-largest-structure-fire-in-memory-say-firefighters/
no title

no title

no title


http://rt.com/usa/212403-massive-fire-downtown-la/
no title

no title

no title


リンク先に動画もあります

1: ナガタロックII(埼玉県)@\(^o^)/
ニューヨーク市警の内部調査は、2013年2月に当時24歳の日本人留学生小山田亮さんを クイーンズブリッジでひき逃げして死亡させたダレン・イラルディ市警に関して、 イラルディ市警が赤色灯をつけずに高速で走っていたことを示すようなビデオが存在していたにもかかわらず、無罪とした。

小山田さんの家族は市を訴えているが、陸運局もまた、事件の事実を調べ運転免許を維持すべきかを判断するための安全性に関する公聴会を開くことになっている。
しかし、小山田さんが死亡してから2年近くたったにもかかわらず、陸運局は公聴会のスケジュールさえ設定していないと言う。

小山田さん家族の弁護士スティーブ・ヴァカロ氏は、「これらの公聴会は、無謀運転であったという厳格な説明責任を獲得するための強力なツールになります」と話す。
「プロセスに関する問題は、透明性が無いと言うことで、犠牲者の家族は望む方法で証拠を提出する機会を与えられておらず、
警察の捜査ファイルはこれらの公聴会では利用できず、警察の証言がしばしば存在しないことは言うまでもありません。」

陸運局の広報担当者ジャッキー・マクギニス氏は、小山田さんの公聴会が開かれない理由に関して答えていない。
イラルディ氏が警察官の立場にあるからとの質問に関しては、「陸運局の安全性に関する公聴会は事件に関係した人が誰であれ同じです」と答えている。

「ライトが点灯していなかったことを記録するビデオテープを示すことを目指しており、
この通りは中間ブロックの交差が許されていた通りであったことを示す証拠を提出したいと考えています」とヴァカロ氏は今後開かれる陸運局の公聴会に関して話している。
「そして、ダレン・イラルディの行動の一部が無謀であったことを示すかなりの証拠がすでにあると考えており、陸運局の前でその証拠を入手しようとしています。」

ヴァカロ氏による市への連邦訴訟では、ニューヨーク市警が意図的に証拠を破棄し、適切に事件を調査せず、「隠蔽」しようとしたとしている。

http://www.jwide.com/news/news.htm?id=4517

このページのトップヘ