気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

生活・日常・健康

1: 気になる人 ID:uB9zThzf0.net
『スターバックスコーヒー』では、タンブラーを購入すると、ドリンクの無料券がもらえるんです。
しかもこれ、ただの無料券ではありません。トッピングも無料になってしまう、 まさに最強の魔法チケットなのです。

・無料チケットが渡される
入手方法と利用方法は簡単です。普通にスタバでタンブラーを買えば、レジで店員から無料チケットが渡されます。
タンブラーにはさまざまな種類がありますが、価格は1000円前後から売っているので、比較的安く買えます(2000円以上するものもありますが)。

・有料トッピングも無料!!
もらった無料券とタンブラーを持ってスタバに行き、好きなドリンクを注文すれば、無料で飲むことが可能です。
すでに説明したように、有料トッピングも無料になるので、いつもはできない贅沢なトッピングを楽しむことも可能です。

・1200円以上のコーヒーを注文した人も!?
ミルクを豆乳に変更しても、チョコチップを追加しても、エスプレッソを追加しても、すべて無料です。
インターネット上の情報では、1200円以上のコーヒー(とトッピング)を注文した勇者もいるそうです(笑)。

・必然的に無料で手に入れたことになる!?
タンブラーよりも高額なドリンク(トッピング)を注文すれば、必然的にタンブラーを無料で手に入れたことになり、 得したことになります。
つまりタンブラーを買ったほうが、普通に注文するより得するというわけです!!

http://buzz-plus.com/article/2015/01/07/starbucks-goods/
no title

no title

no title

1: リバースネックブリーカー(長野県)@\(^o^)/ ID:OcmMpaMy0.net
  目立たず、かつオシャレな髪型。
しかし、薄毛の身には美容院はなんだか入りにくいし街場の床屋ではそこまでオシャレなカットは期待しにくい…
そして、結果として薄毛をカバーするオシャレヘアは夢のまた夢に終わってしまうのだ。

では、実際に薄毛に似合うヘアスタイルというのはどんなものなのだろうか。
男性向け薄毛専門ヘアサロンを全国で展開しているスヴェンソンの担当者に教えてもらった。

「ひとことで言えば、薄毛を隠そうとしないこと、ですね」

薄毛に合う“究極のヘアスタイル”

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20141223-00039785-r25&vos=nfk20131201001
no title

23: チキンウィングフェースロック(やわらか銀行)@\(^o^)/ ID:zyH2vmye0.net
>>1
Beforeがあかんwww

82: 目潰し(dion軍)@\(^o^)/ ID:BaEJwkR10.net
>>1
フサフサじゃねーかふざけんな

1: 気になる人
もうすぐクリスマス! 恋人や家族でクリスマスケーキを食べたり、フライドチキンを食べたり、
いろいろと予定を入れている人も多いことでしょう。仲間と盛大にパーティーをする人もいるのではないでしょうか。

ですが、日本在住のアメリカ人、ボビー・ジュードさんが、日本のクリスマスに対して疑問を投げかけています。
「日本のクリスマスを思いっきり満喫してください」と理解は示しつつも、不可解な部分が多いというのです。

・アメリカ人のクリスマスに対する認識
1. ケーキを食べる文化はヨーロッパ圏
クリスマスケーキを食べる習慣は、もともとヨーロッパ圏の伝統らしく、 アメリカ人がクリスマスにケーキを買って食べる習慣はないそうです。

2. クリスマスにフライドチキンを食べる習慣は日本だけ
クリスマスにフライドチキンを買って食べる習慣は、完全にメイドインジャパンな習慣とのとこ。

3. クリスマスは恋人より家族と過ごすもの
日本のクリスマスは、恋人とラブラブに過ごす日というイメージがありますが、 アメリカでは家族と過ごすイメージが強いそうです。

4. 仏教徒が多い日本でクリスマスが盛大に行われる不思議
キリスト教徒じゃない人が盛大に祝う日本のクリスマス。アメリカの他宗教や無宗教の人からすると、かなり不思議にみえるそうです。

事実、日本のクリスマスは宗教的行事というよりも、お祭りのようなフェスティバル感覚なのは間違いありません。
日本に住んでいる外国人は、キリスト教徒でなくとも、本来フライドチキンやケーキを食べる日でなくとも、
「和製クリスマス」として割り切るしかないのかもしれない!?

http://photrip-guide.com/2014/12/11/christmas-in-japan/
no title

http://youtu.be/f2lXEO4nItc


1: 気になる人
あなたは最近、ゲームセンターに足を運んでいるだろうか? 
恐らく、このコラムを読んでいる人のほとんどは、行っていないだろう。
ゲーセンと言えば、中高生の溜まり場的なイメージだと思うが、最近は大きく様変わりしている。

土日は、小学生以下を連れた家族が多いのだが、そこに混じって高齢者の姿をよく見かける。
平日は、高齢者の方が多い。
ゲーセンと高齢者は、イメージのギャップが大きいのだが、徐々に増えてきている。

だが、なぜいま高齢者なのか。

第一に考えられるのは、「ゲーセンは楽しい」ということに、高齢者が気づいたのである。
若い頃には存在さえ無かったので、まったく知らない世界である。
1回100円を投入すれば、感じたことのない興奮を憶える。多少金に余裕のある世代なので、
あまり金のことを気にせず、退屈な毎日に、ひとときの楽しみを得ることができる。

第二には、ゲーセンに行くことに大義があるということ。
「ボケ防止」。手先を使い、脳を刺激する。医学的にもその効果は証明されているので、
堂々と入っていくことができる。ただの無駄遣いではなく、健康のためだと言い訳できる。

第三には、孫へのプレゼントが獲得できるということ。
最近のゲーセンは、クレーンゲームのような、賞品を狙うものが多い。
しかも、おもちゃではなく、キャラクターのついたタオルやクッション、マグカップなど、
生活用品的な賞品が揃っている。
おもちゃでは、孫の親である自分の子どもにイヤな顔をされるが、使えるものなら喜んでくれる。
孫の笑顔のためなら、おじいちゃん、おばあちゃんは、頑張ってしまうものである。

このように、高齢者がゲーセンに通うことは、悪いことではない。健康のためや日本経済のためにもなる。

ただ、時々見かけるのが、異常なまでにのめり込んでいる人である。
賞品を取ることに執着し過ぎて、次から次へと100円玉を投入している。鬼のような形相で、まったく楽しそうではない。

こうなっては、心身ともに悪影響を及ぼす。自身の性格を考えてから、足を運んで欲しいと願う。
ゲーセンに行かなくとも、テレビゲームをすれば、「ボケ防止」になるのではないかとは思う。

「ゲーム=良くないもの」ではない。使い方次第では、薬にもなる。
ゲーセンに足を運ぶことも運動になるので、どんどん行けば良いのではないか。
“ほどほど”を楽しめば、高齢者にとって、素晴らしいレジャーになるだろう。

http://news.livedoor.com/article/detail/9584128/
no title

4: 気になる人 ID:Q6ncwIlL0.net
確かにジジババが1日コインゲームしてるイメージだよね

このページのトップヘ