気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

製品・サービス

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/08/25 10:43:31
不動産業界の人々の多くは、せいぜい2~3年先のことしか考えていない。末端の人間なら、目の前の物件を売ることで精いっぱいかもしれない。
しかし、もう少し先のことを考えてもバチはあたらない。見えなかったものが見えてきて、業界の風景が新鮮に映るかもしれない。

現在、マンション購入の「適齢期」と呼ばれる30代と40代の人口は、約3490万人である。
10年後は約2980万人にまで減る。減少率は15%。簡単に言えば、お客さんの絶対数が15%減る。
これが20年後には2490万人になる。減少率は約29%だ。

「だったら、今の7割に事業を縮小すればいいじゃない」などと、能天気に考えてはいけない。

マンションは、車のように10年ちょっとで壊してしまうワケにはいかない。造れば造るだけ、ストックとなって市場に蓄積されていく。
それに今の建築技術で造られたマンションは、50年以上は確実に使えるだろう。もちろん「きちんとメンテナンスを行う」のが前提だが。

するとどうなるのか。実は、今でも日本の住宅は余っている。5年前の統計で、日本全国の空き家率は13%だった。
それは田舎の話で、都会は住宅が足らないのでは? だから、都市圏では今後もマンション開発事業を続けられる…と考える人も業界内に多いかもしれない。
でも、それも大きな間違い。東京の空き家率は11%超、大阪は14%台で推移している。

繰り返すが、これは5年前の統計だ。実は今年の後半、この数字が国土交通省によって更新されるはずで、
全国平均で20%に迫るのではないかと予想する向きもいる。そうなると、5戸に1戸は空き家という異常事態となる。これは近未来の話ではなく、現在の統計数字なのだ。

少し前にここで書いたように、日本人は異様なほど「新築好き」だ。日本のマンション業界は、そういった日本人の特異性に支えられている面が大きい。
しかし、その歪な構造はいつか崩壊する。これも書いた話だが、郊外の新築マンション価格は中古の2倍という現象が、今や当たり前になってきた。

数年前、「今の若者は車を買わなくなった」という社会現象が話題になった。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130825/ecn1308250733002-n1.htm
>>2
no title

1: ローリングソバット(埼玉県) 2013/07/29 14:57:25 ID:A2UayBWwP
太陽光発電パネル、中国2社と提携 日中合弁の「センチュリースバルソーラー」 (1/4ページ)

 ■日本市場でシェア10%目指す

 世界の太陽光市場が活発化している。日本の2013年度、太陽光発電導入量は、中国に続き世界2位の予測だが、
設備価格が海外に比べ割高なため、市場規模では世界1位になる。そんな中、日本市場に新たな太陽光発電パネルの会
社が誕生した。「センチュリースバルソーラー」だ。
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/130729/bsc1307290502003-n1.htm
no title

1: パロスペシャル(千葉県) 2013/08/04(日) 20:30:17.97 ID:pt/RJ/0f0 BE:202428634-PLT(12001) ポイント特典
2013年「東京モーターショー」で注目の2台とは

 2012年秋に販売を終了したダイハツ・コペンは、日本に残された唯一の軽自動車2座オープンスポーツだった。
それ以前の1980年代後半から90年代前期のバブル経済からその崩壊に至る頃、軽自動車でフロントミッドシップ後輪駆動(FR)の2座オープン、スズキ・カプチーノ。
完全ミッドシップ・リアドライブ(MR)2座オープンのホンダ・ビート。ミッドシップ(MR)でガルウイングドアの2座スポーツ、マツダ・オートザムAZ-1などが発売され人気となった。ご存じのとおり、それら軽2座スポーツ車は次々に姿を消す。

■2011年の東京モーターショーの「D-X」は次期「Copen」

 2011年、お台場の東京ビッグサイトで開催となった東京モーターショーに登場したダイハツ「D-X」が次期「Copen」であることは間違いのない事実だ。
この次期「Copen」は、今年の東京モーターショーでワールドプレミアとしてお披露目され、来年早々に販売されるようだ。

■一方のホンダ、「Beet」復活か?

 やはり、2011年の東京モーターショーでホンダブースに展示されたホンダ「EVスター」が新型「Beet」のスタディモデルであることは、業界が認める周知の事実。
心臓部はN ONEなどに搭載する直列3気筒+ターボで、この高性能なパワーユニットをドライバー背後に搭載する完全なミッドシップレイアウト(MR)となるのは確実。
トランスミッションには硬派な6速マニュアルの用意もあり、サスペンションも本格派スポーツモデルとして設計されるようだ。
最初から登場はしないだろうが、デビュー1~2年後には最強スポーツグレード「Type R」がラインアップされるかもしれない。このコンセプトカーも今季の東京モーターショーで出品されそうだ。

 手軽に2シーターオープンを愉しむ「Copen」と硬派な軽スポーツの最右翼「N SPORTS」、東京モーターショーの楽しみを増やしてくれる2台だ。(編集担当:吉田恒)

http://www.zaikei.co.jp/article/20130803/144081.html
no title

no title

no title

no title

1: タイガードライバー(北海道) 2013/07/26 15:43:49 ID:8MusD2/90
スポーツカー意識したトラクター ヤンマーが試作機

ヤンマーは25日、トラクターの試作機を発表した。イタリアの高級車メーカーであるフェラーリ
などで設計をした経験のある奥山清行氏をデザイナーに迎えて開発した。

スポーツカーを意識した高級感あふれる外観で、これまでの農機とは一線を画したという。
2015年には量産モデルを開発し、国内市場に投入する考えだ。

試作機はボンネットを絞り込む一方、キャビンを丸くして、デザイン性と操作性を両立しているという。
自動追従システムも搭載しており、作業者1人で2台のトラクターを操作できる。
発表会に出席した奥山氏は「格好いい農業を目指したい」と語った。

ヤンマーは昨年3月に創業100周年を迎えた。これを機に農機のイメージ刷新に向けた作業を進めている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD250LE_V20C13A7TJ1000/
no title

no title

no title

no title

no title

no title

1: オリエンタル(北海道) 2013/07/05 00:15:34
黒ひげ危機一発:飛距離5倍の新作登場

 タカラトミーの玩具「黒ひげ危機一発」シリーズで、「黒ひげくん」の飛距離を約5倍にした
最新作「超飛びジャンボ黒ひげ危機一発」が11日に発売されることが明らかになった。

 「黒ひげ危機一発」は1975年の発売以来、全世界で出荷1200万個を超えるロングセラー
商品。遊び方はたるに短剣を刺し、たるの中の「黒ひげくん」を飛び出させるもので、誰が
「黒ひげくん」を飛ばすか……を楽しむシンプルなゲーム。

 今作は、「黒ひげくん」が飛び出すアクションに再注目し、シリーズ史上最高の飛距離を
実現。従来よりも高く飛ぶため、飛び出る「黒ひげくん」の頭部には軟らかい素材を使用。
さらに付属の「黒ひげくん」以外は飛ばすことができないようになっている。

 「超飛びジャンボ黒ひげ危機一発」は、11日から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の
玩具売り場、一部雑貨店、インターネットショップなどで販売。価格は3129円。

http://mainichi.jp/mantan/news/20130704dyo00m200055000c.html

画像
no title

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 21:23:10 ID:Lc/uFnKi0
ウイルスバスター
ウイルス・スパイウェア対策 90点
軽さ 80点
ファイアウォール 60点

ノートン
ウイルス・スパイウェア対策 100点
軽さ 90点
壁 70点

カスペルスキー
ウイルス・スパイウェア対策 100点
軽さ 80点
壁 100点

マカフィー
ウイルス・スパイウェア対策 90点
軽さ 80点
壁 60点

このページのトップヘ