気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

痛いニュース・噂

1: 気になる人
フラッシュ撮影した客にメトロ運転士ブチ切れ 「すいませんじゃねーよ!」は暴言なのか
2015/2/25 19:08

ユーチューブで公開された地下鉄の動画が、波紋を広げている。

電車やバスの運転席に向けてフラッシュ撮影をするのは厳禁だとされているのはよく知られており、 運転士がフラッシュ撮影を注意する内容なのだが、「すみません」と謝った乗客に対して運転士は 「すみませんじゃねーよ!」と怒鳴ってしまった。

動画は2015年2月1日に公開され、長さは34秒。東京メトロ永田町駅の半蔵門線ホームで撮影された。
動画では、出発しようとする電車の運転席のドアについている窓が開き、マスク姿の運転士が顔を出して
「お客さーん、フラッシュやめてもらえますか?」
と注意した。直後に、「すみません」と謝る子どもの声が聞こえるのだが、運転士は
「すいませんじゃねーよ!」
と吐き捨て、窓をガチャンと強く閉めて電車を出発させた。

運転席に向かってフラッシュ撮影をすると、運転士は強い光で視界を遮られ、言わば「目潰し」 に状態になるため非常に危険だ。そのため、運転席へのフラッシュ撮影は一般的に厳禁だとされている。

こういったことから、動画を見た人の反応は、そもそもフラッシュ撮影をした人に落ち度があるとの見方から、 怒鳴る運転手が最も悪いという見方まで、様々だ。
問題の運転士が乗務していた電車は、東急田園都市線の中央林間駅発東京メトロ半蔵門線押上駅行きで、東急の5000系と呼ばれる電車を使っていた。
そのため、 メトロの運転手が「借り物」であるはずの東急の車両のドアを乱暴に扱うことを問題視する声も少数ながらあった。

東京メトロ広報部によると、運転士が怒鳴る様子が撮影されたのは1月31日。
2月2日になって「お客様センター」に対して動画に関する指摘が3件寄せられ、事態を把握した。

東京メトロでは
「社内調査を行い、運転士には教育・注意を行いました」
と話しており、問題を起こした運転士については「反省している」と説明している。

さらに、運転席へのフラッシュ撮影は厳禁だが、電車の運行に問題がなければ、 一般の乗客が構内でフラッシュを使わずに電車の写真を撮ることは問題ないとしている。

J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2015/02/25228848.html

参考動画
http://www.youtube.com/watch?v=FU6AuMrknv8


1: 気になる人 ID:6vj0I+Bo0
「お値段以上ニトリ」で有名な家具店のニトリの看板に登り記念撮影した者が、その写真をツイッターに投稿。投稿内容は「今更やけどニトリの天井おもろかったで めちゃくちゃ高くて風で揺れてこわかったけど」としており、屋上に侵入する写真、 看板の裏側の写真、そしてニトリの看板に座る写真が掲載している。

本人は既に炎上していることを把握しているが、アカウントを消すようなことをせず、逆に2chまとめサイトのスクリーンショットを投稿するという暴挙に出ている。この投稿者はまだ14歳だという。

ではこの店舗はどこなのだろうか? ニトリの看板が建物の上にあるのでテナントではなく大型店舗だと言うことがわかる。
またこの投稿者は大阪近郊に住んでいるので、大阪周辺の大型店舗を探せば見つけることができるだろう。

そんななか該当したのが西成店と高槻店。もしかしたら大阪府以外のニトリの可能性もある。画像2枚目に映っている左側の網のようなものが気になるが、これが何かさえ分かれば店舗の特定が早いだろう。

http://gogotsu.com/archives/3994
no title

no title

no title

no title

1: 気になる人 ID:UBoGjBB50
『幸福の科学』総裁の大川隆法が「イスラム国 日本人殺害事件の本質に迫る」として、殺害された後藤健二さんと湯川遥菜さんの霊言行うとしている。

120分のスピリチュアルトークで精舎、支部、拠点、布教所などで拝聴が可能。
詳細ページには「今回の日本人人質事件で、残念ながらイスラム国側に殺害された方のスピリチュアル・メッセージが収録されました」としている。また20分に纏められた抜粋版は2月5日より公開される。

先日はイスラム国の最高指導者アブバクル・バクダディの霊言インタビューしたことで話題となった。

http://gogotsu.com/archives/3704
no title

no title


http://youtu.be/p5ciHhvfXWs


1: 気になる人 ID:fzZOTp8h0.net
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/360108/ 
25日午後、緊迫感に包まれる石堂さんの自宅には「解決策がある」と話す男性(44)が現れた。
男性は「後藤さんは死なせてはいけない人。私が身代わりになる」と宣言。人質事件をニュースで知り、身代わりになることを思いつき、首相官邸や外務省、新聞社やテレビ局に訴えたが、なしのつぶて。直接、石堂さんに話すことでどうにかしたいと考えたようだ。

 しかし、石堂さんが「あなたは死んではいけない人。うちに住んで勉強しましょう。私をお母さんと呼んでください」と諭すと、男性は涙目になり、「お母さん」と呼ぶ展開となった。

コントかよwwwwww
no title

1: 気になる人
 NHKは15日、2015年度からの3カ年経営計画を発表した。「公共メディア」への進化をうたい、 今後3カ年で受信料支払率を現計画の75%から80%に引き上げ、このうち衛星契約の占める割合も50%程度に増やすという。
NHKの契約数は増加し続けており、2014年11月末の段階で合計契約数は4,189万4,753件。年間6,345億円(平成25年度)の収入を得ている。

とはいえ、伸び率は鈍化しており、今後の急成長も見込めない。そこで、NHKの籾井勝人会長は新たな課金方法として、ネット課金に乗り出している。

 これは、NHKのコンテンツをネットでも配信し、それを閲覧できる環境があれば受信料を徴収するというもの。
国内のネット利用者数は9,652万人で、人口普及率は79.5%。今どきの若者は、家にテレビはなくてもスマホは持っている、というケースも多い。
簡単に収入倍増が可能で、NHKにとっては金の山に見えているのだろう。しかし、これはもはや国民に対する義務化に等しい。

 昨年の段階では、3年以内にネット課金を実現するつもりだったようだが、もちろん時期尚早。
今のところ、NHKの番組をネットでも同時に放送することはNG。同時放送のためには、放送法を改正する必要がある。
そのため、今回の3カ年経営計画には盛り込まれず、検討事項となった。

2015年1月20日 19時0分:サイゾー
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9695820/
no title

このページのトップヘ