気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

怖い話・ミステリー

1: タイガースープレックス(北海道) 2013/07/25 14:38:34 ID:W4wiaR8U0
「閲覧注意」恐ろしい海外の心霊スポット10選

 日本ではあまり知られてないですが、海外にも恐ろしい場所がたくさんあります。中でも特に
恐ろしい場所を紹介した動画を紹介します。


http://www.youtube.com/watch?v=TSSc35RYUZc



10位 青木ヶ原樹海 - 日本
no title

言わずと知れた自殺の名所。落下の危険のある洞窟が200以上あり、今でも死体が散乱していると言う。

9位 ロメ大市場 - トーゴ
no title

ブードゥー教に関連した商品を扱うマーケット。動物の骨など奇怪なものが売られている。

8位 豊都県のゴーストシティー - 中国
no title

死者の魂はここを抜けて奈落へと向かうと言う。

7位 人形の島 - メキシコ
no title

湖で溺れた少女の魂を宿すと言われている目や手足のない人形たち。夜な夜な話声が聞こえたり、人形の手足が動いたりすると言う。

6位 ヘリングライ病院 - イギリス
no title

かつて1000人の患者が居た精神病院。現在は廃墟になっている。

http://osyoube.blog.fc 2.com/blog-entry-326.html
>>2以降に続く

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:10.27 ID:KBiAVI6Q0
コピペで悪いがこんなのとか

780 閉鎖まであと 8日と 18時間 2007/01/15(月) 02:08:54.10 ID:7/BLERGo0
怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/

だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw
no title

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01 19:03:34 ID:JACOX0DF0
頼む、探すの協力してくれ
情報
・10年以上前に放送(再放送はあったかも)
・アンビリバボーの心霊特集の画像
・青白く目が光った少年がこっちを向いている

内容は海外の話
悪霊かなんかの子供が住み着いてた話で、写真に上記のような霊が映った
アンビリバボー史上最強とも行っていいほど怖い話だった
記憶にある人も多いと思う

1: 鶯谷の変態パーティー(130806)φ ★ 2013/07/28 13:33:22
 ネット怪談の元祖にして代表格である「杉沢村伝説」について、今の若者はどれだけ知っているだろうか。

「かつて青森県にあった集落、杉沢村。そこでは昔、発狂した一人の青年が村人を皆殺しにするという事件が起こった。
県は事件を隠蔽するため村の存在を地図から抹消。しかし今でも杉沢村は当時のまま山中に残っていて、そこを訪れる者は呪われてしまう......」

 そんな伝説が、ちょうどインターネットの普及と足並みをそろえて、1990年代半ばから2000年初めにかけて大流行。
杉沢村の存在を突き止めようと、2ちゃんねるを中心に様々な憶測が飛び交っていった。

 メディアによって初めて杉沢村の場所が「特定」されたのは、『ダークサイドJAPAN』創刊号(2000年8月発行)におけるルポによってだった。
この記事を読むと、当時の杉沢村(とされていた廃集落)は、細いあぜ道や山道を通った、無人の山中にひっそりと残されていたことが分かる。
そんな秘境の集落跡だからこそ、恐怖の村のモデルとなり、一連の伝説も生まれていったのだろう。

 さて、それから13年もの月日が流れた現在。問題の場所はどうなっているだろうか。
青森駅から車を走らせ、もうすっかり住所も割れている「杉沢村」へと向かってみた。
すでに伝説は解明されているとはいえ、やはり一抹の恐怖はつきまとう。


※ソース(画像あり)
http://n-knuckles.com/discover/urban_legend/news000093.html
no title

1: レッドインク(埼玉県) 2013/07/28(日) 14:40:55.89 ID:efTxJhz3P BE:775543133-PLT(12001) ポイント特典
ご報告
2013年 7月27日

7月25日に保護のゴールデンレトリバーについてご報告させて頂きます。
保護後、落ち着いた様子で過ごしておりましたが、
7月26日午前中、状態が急変し、動物病院へ緊急搬送いたしましたが、
残念ながら同日9時6分に亡くなりました。
死亡診断は心臓発作とされております。
事件発生より、飼い主が戻ると信じ、待ち続けた犬にとって
不安な日々であったと思われます。
犬が亡くなった日時は、身柄拘束と重なります。
人それぞれお考えがあるでしょうが
物言えぬ犬が残したメッセージに思えてなりません。
あの子を救い幸せにするために、お力を貸して下さった方々、
心配で全国からお問い合わせやメッセージを下さった
沢山の方々に感謝致しますとともに、力及ばず、皆様のご期待に
添えない結果になってしまったことを大変悔しく心苦しく思っております。
尚、今回の件で支援金を振り込んで下さった方々には
順次個別にご連絡させていただき、返金させていただきます。

最後に、あの子が「オリーブ」という名前だということをご報告させて頂きます。
どうかオリーブちゃんのご冥福をお祈りいただけますようお願い致します。

ケダマの会
http://kedama.hughughag.net/infomation/3932.html
http://megalodon.jp/2013-0728-0859-38/kedama.hughughag.net/infomation/3932.html

no title

no title

no title

このページのトップヘ