気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

科学・生物・宇宙

1: 気になる人
◆「火星移住計画」に詐欺の疑い―中国紙

24日付の中国紙・新京報は、「火星移住計画」に詐欺の疑いが持たれていると報じた。

「火星移住計画」への応募者は全世界で8万人以上、うち1万人以上を中国人が占める。
ところが最近、プロジェクトの責任者がマスコミの取材で、 「想像以上に難航している。2023年の実行は難しい」と語った。
中国人応募者は申し込み費用だけで合わせて10万ドル以上を支払っている。

プロジェクトを主催するオランダの「マーズワン」は2011年6月23日に登記された民間の非営利団体で、従業員はわずか1人。
登記上の住所はオランダ・アメルスフォールトにある個人宅で最高経営責任者(CEO)とされる バス・ランズドープ氏の自宅でもある。

「マーズワン」の所在地を尋ねると、それらしき看板などは皆無で、 オフィスは数えるほどの机のみ。
こうしたことから、マーズワンの「火星移住計画」は商業詐欺の可能性が高いとみられている。
18日には中国人学者が「火星移住計画が実現不能と言われても驚かない。
プロジェクトは明らかな商業詐欺だからだ」と指摘した。

計画への応募者8万人が支払った申し込み費用は合わせて100万ドルを超えている。
複数の中国人応募者が計画実現に絶望的な見方をしており、 中には「申し込み費用11ドルを返してもらいたい」と言う人もいるという。

写真: no title


FOCUS-ASIA.COM 2015年2月25日16時43分
http://news.livedoor.com/article/detail/9824191/

1: 気になる人
<STAP論文>小保方氏の不正確定 不服申し立てせず
毎日新聞 1月6日 10時1分配信

STAP細胞論文問題で、新たに二つの図表の捏造(ねつぞう)を認定された小保方(おぼかた)晴子・元理化学研究所研究員(31)が、理研に対して不服申し立てをしなかったことが6日、理研への取材で分かった。
昨年3月に認定された別の2件の捏造・改ざんと合わせて計4件の不正が確定し、一連の不正調査は終結する。
理研はSTAP細胞の有無を確かめる検証実験などで中断していた懲戒手続きを、同日中にも再開する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000014-mai-sctch
no title

2: 気になる人 ID:b4gFzkH20.net
ありまぁす

1: 気になる人 ID:M3/t6T/r0.net
http://netgeek.biz/archives/27212

理化学研究所の調査委員会がSTAP細胞の正体は別の万能細胞「ES細胞」だったと発表したことで、 小保方晴子さんが細胞をすり替えられ、何者かにハメられた可能性が濃厚になってきた。

1.誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。
2.嘘をついているようには見えない。
3.嘘をつく動機がない。
4.再現実験にも堂々と挑んだ。

肝心の小保方さんを卑怯な罠にハメた人物。それは小保方さんが失脚することで得をする研究サイドにいる人物だ。
早稲田、ハーバードと華々しい経歴を歩み、若くして理研のプロジェクトリーダーに抜擢された小保方さんを相当憎んでいたものと思われる。
no title

2: 気になる人 ID:2JEisa3nM.net
200回以上入れ替える方の身にもなってやれよ

1: 気になる人
 STAP細胞の検証実験で細胞を作製できなかったことが17日、明らかになった理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子氏(31)。
1月の論文発表で一躍、脚光を浴びたが、論文は不正と認定され撤回。科学者の多くが細胞の存在を疑問視する中、実験で自ら汚名返上を目指したが、疑惑を晴らすことはできなかった。

 「STAP細胞は必ず人の役に立つ技術」。1月の会見で、こう強調した小保方氏。再生医療への応用が期待されている万能細胞を、非常に簡単な方法で作ったとする論文は世界的な成果と注目された。

 ところが2月上旬、画像などのデータに不自然な点があるとの指摘がインターネット上で相次ぎ、一転して疑惑の渦中に。理研は4月、捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)の不正があったと認定したが、小保方氏は「故意ではない」と反論した。

 会見した小保方氏は、論文の不備について涙を浮かべて謝罪する一方で、
「STAP細胞はあります」
「何度も確認された真実」と明言し、細胞は存在すると主張した。

 http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180006-n1.html
no title

185: 気になる人 ID:6lEN+wfO0.net
>>17
200回以上、性交しました

1: 名無しさん ID:MBoJWbFGR
まず最初に紹介したいマッドネスは、”著者自らの手を危険に曝す”という章である。
まさか著者の名前の「テオ」と掛けたわけでもないのだろうが、超低温から超高温、そして猛毒といった様々な環境の中に「手を」突っ込んでいく。

たとえばマイナス195度以下の液体窒素の中に手を沈めるとどうなるのか、それを試したのが以下の写真。
no title


即、凍傷にでもなってしまうのかと思いきや、驚くべきことに「冷たさすら感じることはなかった」とのこと。
著者の手が液体窒素に触れた瞬間、気化した窒素ガスによる保護膜が作られ、安全が保たれたということなのだ。
ただし、一瞬であればの話。これはライデンフロスト効果と呼ばれる現象であり、熱したフライパンの上で水滴が踊るのと同じ原理によるものである。

さらに、このライデンフロスト効果、反対方向の熱いケースでも同じように作用する。
下記の写真は、260度以上の工作用ハンダに指を突っ込んでかき回した時の写真。
no title



著者は第一関節が隠れるくらいまで指を入れかき混ぜているのだが、無傷で済んでいる。
これも十分に熱く溶けた鉛に指が触れると、指の湿気が蒸発して、水蒸気の保護膜が出来たことによるものだ。

この他にも、猛毒で発火性の強い白リンをゴム手袋の上に塗りつけてみたり、
手にポリアクリル酸ナトリウムポリマーを塗りたくって炎を燃やしてみたりと、まさにやりたい放題である。
no title

no title


以下略


イカソース
http://honz.jp/articles/-/40358

http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1397219944/

1: ぱぐたZ~時獄篇◆FdDsU0B5ivx5 ID:EC3kpnQ0F
STAP細胞の論文捏造(ねつぞう)疑惑に揺れる理化学研究所(理研)の
小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人は4日、
小保方氏から「入院してもいいですか?」との内容のメールを受け取ったことを明かした。
一連の問題の影響から体調が悪化しているといい、
現在検討されている記者会見への出席もキャンセルとなる可能性が浮上した。

 大阪市内で取材に応じた代理人のひとり三木秀夫弁護士によると、
メールは3日夜、今後のスケジュールについてやり取りをしている最中に届いたという。
実際に入院はしていないが、「精神状態がさらに悪くなっている。代理人として非常に不安」と説明した。

 小保方氏は現在、理研の調査委員会から画像の捏造・改ざんにあたると指摘された
報告書への不服申し立てについて、代理人と準備を進めている最中。
当初は自ら会見に出席し、説明する意向だったが、今では会見に対して消極的になっているという。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じるなど、海外を含め、
一連の問題への関心が高まっていることも理由のひとつ。
1日に都内で行われた調査委の最終報告会見には約300人の報道関係者が集まった。
小保方氏は3日に電話で「あんな雰囲気のところに、私は到底出て行けない!」と訴えたといい、
三木弁護士は「悲鳴のような、泣きそうな感じでした」と振り返った。

 代理人は早ければ8日に不服申し立ての文書を提出する予定。
同日に会見を開く案も出ているが、小保方氏が欠席になると
「弁護士だけでは説明できない」(三木弁護士)として、見送られる可能性もある。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000021-sph-soci

http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396651425/

1: 名無しさん ID:6ZFiCIQ7i
・小保方晴子氏の代理人弁護士は1日、英科学誌ネイチャーに発表したSTAP細胞の論文について
 小保方氏が「撤回に同意した覚えはない。撤回の意思もない」と話していることを明らかにした。
 3月9日にネイチャーに訂正論文を提出したという。朝日新聞の取材に答えた。

 これに対し、理研本部の広報室は、竹市雅俊・理研発生・再生科学総合研究センター長が同10日に
 小保方氏に論文撤回を口頭で勧め、同意の返事を得たと説明している。理研は同14日の記者会見
 でも小保方氏が論文撤回提案に同意したと説明していた。

 小保方氏は1日、代理人弁護士を通じて、理研調査委の最終報告に対するコメントも発表した。
 「悪意のない間違いであるにもかかわらず、改ざん、捏造と決めつけられたことはとても
 承服できません」などとして、理研に不服申し立てする考えを示した。
 外部リンクttp://apital.asahi.com/article/news/2014040200009.html

http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396496196/

このページのトップヘ