気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

科学・生物・宇宙

1: ダブルニードロップ(埼玉県) 2014/01/29 22:45:14 ID:98lkW2jCP
新たな「万能細胞」作製成功 マウスで理研、iPSより簡易
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012901001943.html

さまざまな組織や細胞になる能力を持つ「万能細胞」を新たな手法で作ることに、
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームがマウスを使って成功、
30日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

同様の能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)とは違う簡単な作製法で、
使う際の安全性も優れているという。人の細胞で作製できれば再生医療への応用が期待される。

 体細胞を弱い酸性の溶液に入れ、刺激を与え作った世界初の手法。
「刺激惹起性多能性獲得」の英語の頭文字からSTAP(スタップ)細胞と命名した。

http://img.47news.jp/PN/201401/PN2014012901002043.-.-.CI0003.jpg no title

1: チキンウィングフェースロック(埼玉県) 2014/01/31(金) 23:46:37.99 ID:uFEX3ErjP BE:2077085546-PLT(12025) ポイント特典
Jan. 31, 2014
報道関係者の皆様へのお願い
STAP細胞研究はやっとスタートラインに立てたところであり、世界に発表をしたこの瞬間から世界との競争も始まりました。
今こそ更なる発展を目指し研究に集中すべき時であると感じております。

しかし、研究発表に関する記者会見以降、研究成果に関係のない報道が一人歩きしてしまい、研究活動に支障が出ている状況です。
また、小保方本人やその親族のプライバシーに関わる取材が過熱し、お世話になってきた知人・友人をはじめ、
近隣にお住いの方々にまでご迷惑が及び大変心苦しい毎日を送っております。真実でない報道もあり、その対応に翻弄され、
研究を遂行することが困難な状況になってしまいました。報道関係の方々におかれましては、
どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

STAP細胞研究の発展に向けた研究活動を長い目で見守っていただけますようよろしくお願いいたします。

2014年1月31日
小保方 晴子


http://www.cdb.riken.jp/crp/news2014.1.31_2.html

1: そーきそばΦ ★ 2014/01/30 12:09:51
「誰も信じてくれなかったことが、何よりも大変だった」。従来の常識を打ち破る革新的な万能細胞「STAP細胞」を開発した
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)は、
成功までの道のりを、こう振り返った。

 STAP細胞が打ち破った常識は「動物細胞でも外的刺激で初期化」「あまりに簡単すぎる技術で実現」など数多い。
平成23年に博士号を取得したばかりの若き女性研究者が挙げた成果というのも、その一つだ。

 これほど常識破りだったため、昨年春、世界的に権威ある英科学誌ネイチャーに投稿した際は、
「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評され、掲載を却下された」。

 だが、「STAP細胞は必ず人の役に立つ技術だ」との信念を貫いて膨大なデータを集め、今回は掲載にこぎつけた。
「何度もやめようと思ったけれど、あと1日だけ頑張ろうと続けてきて、いつの間にか今日に至った」と話す。

 昭和58年、千葉県松戸市で生まれた。高校時代にたまたま手に取った科学雑誌の特集記事で
「社会に貢献できる」と再生医療に強い興味を持ち、研究者への道を選んだ。

産経新聞 1月30日(木)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000093-san-soci
画像 新型の万能細胞「STAP細胞」の作製に成功した理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー=神戸市(伊藤壽一郎撮影)
http://sankei.jp.msn.com/images/news/140129/scn14012921250003-p1.jpg no title



1: ツームストンパイルドライバー(庭) 2013/09/06 04:13:36 ID:+AAWUxQx0
no title

no title

no title


Mysterious tower structure surrounded by 'picket fence' discovered in Peruvian Amazon baffles scientists

Structure found by Troy Alexander, a graduate student at Georgia Tech
The first of the structures was spotted just months ago on June 7
But to date no-one has been able to say definitely what they are


http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2412006/Mysterious-tower-structure-surrounded-picket-fence-discovered-Peruvian-Amazon-baffles-scientists.html#ixzz2e0h0Kme0

1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/08/30 12:31:19
 下村博文文部科学相は30日の閣議後の記者会見で、
27日の発射直前に打ち上げを中止した新型ロケット「イプシロン」について、
コンピューター間のデータの送受信に0.07秒の遅れがあったため、姿勢異常と判断されたことを明らかにした。
ロケット本体には問題はないため、9月の早い時期に打ち上げる方針だ。

 イプシロンでは、ロケット側で傾きなどをセンサーで調べてコンピューターで計算し、結果を地上側に送る。
このデータをもとに、適切な姿勢になっているかを判断する仕組み。
今回はデータが届くタイミングが0.07秒遅れ、データがない状態を地上側のコンピューターが異常と判定し、
打ち上げを止めたという。

 なぜデータが遅れたかなどの詳細は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が調べている。

時事ドットコム
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3001H_Q3A830C1CR0000/
no title

このページのトップヘ