気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

地域ニュース

1: 気になる人 ID:2WrCdUKT0.net
橋下徹 大阪市長(以下、橋下):僕からは4点あります。まず第1点なんですけれども、VISAのプリペイドカードによる生活保護費の支給を、 モデル的に実施します。生活保護費の支給方法について、家計管理や資金管理が必要な方々への支援ツール、まあ自立支援のいちツールとしまして、プリペイドカードによる生活保護費の支給を、モデル的に実施します。

こういうやり方は全国初ということになります。近年、金銭管理等の各種生活支援を必要とする被保護者、生活保護受給者ですね、とりわけ単身高齢者が増加しておりまして、今後も増加すると見込まれます。

平成25年12月に成立した、いろいろな生活保護の欠陥をちょっと改善しようという改正生活保護法では、収入・支出・その他、生計の状況を適切に把握することが、受給者の責務として義務付けられました。

経済的に自立していくためには、まずはキチッと家計を把握することが肝要なんでしょう。

さらに、ギャンブルな過度な飲酒などに生活費を費消し、自立に向けた生活設計をたてることが困難な方への支援も求められている。
ということで今回、三井住友カード株式会社さん、株式会社富士通総研さんの三者において協定を締結しまして、モデル事業を実施するに至りました。
http://logmi.jp/32679
no title

1: バックドロップ(三重県)@\(^o^)/ ID:rNqffMT50.net
神奈川県警は22日、電車内の女性の前で自分の股間付近を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、大和署地域1課の警部補(43)を現行犯逮捕した。

 県警によると「そんなことはやっていません」と容疑を否認している。女性の証言から逮捕の必要性があると判断したという。

 逮捕容疑は22日午後5時55分ごろから約20分にわたり、小田急江ノ島線大和―藤沢間で、大学4年の女性(21)の前に立ち、自らの股間付近をズボンの上から触るなどした疑い。

 県警によると、藤沢駅で被害を訴えた女性と口論になり、駅から約100メートル立ち去ったところ、付近にいた男性が取り押さえた。帰宅途中で、飲酒はしていなかった。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/12/22/kiji/K20141222009507380.html
no title

3: チェーン攻撃(奈良県)@\(^o^)/ ID:n9RrS69M0.net
なんだこれ…

7: キドクラッチ(奈良県)@\(^o^)/ ID:WD5xIw6x0.net
20分て かなりだろに 実際今から触り始めてみるわ

1: 気になる人 ID:ymQfc6px0.net
京都府宇治市で14日未明、府道を走っていた軽乗用車が宇治川に転落し、運転していた21歳の男子大学生が死亡した。
当時、大学生は友人の車とともに、ドリフト走行などを行っていたという。警察は、大学生が運転を誤って転落したとみて捜査している。

no title

no title

no title

no title

http://www.ytv.co.jp/press/kansai/D8280.html

6: 気になる人 ID:laEpoTU/0.net
ド、ド、ドリフト大爆走wwww

1: 気になる人 ID:flZ/dlsJ0.net
荒川マラソン:直前中止 主催者、道路使用の申請せず - 毎日新聞

 東京・荒川の河川敷で21日に実施予定だったマラソン大会で、主催者が大会2日前になってもコースの道路使用許可申請などの必要な手続きをせず、19日に中止を決めていたことが分かった。
主催者によると約1500人が参加費を種目に応じて1人2000~4000円、計約500万円を支払っているという。主催者は「組織内の申請担当者と連絡が取れず、こちらも困っているが、参加費は1月中に返金したい」としている。

 大会主催者はスポーツイベントなどを運営している任意団体の「黎明」(豊島区南大塚)。21日に江戸川区内の平井運動公園を発着点にフルマラソン、ハーフ、10キロ、5キロ種目の「東京荒川マラソン」を開くとしていた。しかし、発着点やコースの河川敷道路などの使用許可申請を、 国や江戸川区に提出していなかった。

 18日に参加予定者から区に「直前なのに主催者から連絡がこない」と問い合わせがあり、区が黎明に連絡を取ったところ、19日に「中止する」との連絡があったという。
黎明の職員、杉本貴文さん(30)によると、同団体のマラソン大会の開催は初めて。「使用許可を申請していないと知って驚いた。大変申し訳ない」と話している。
連絡先は電話03・5860・8441。

http://mainichi.jp/select/news/20141220k0000e040193000c.html
no title


7: 気になる人 ID:9ck3bRfN0.net
主催者の他人事っぷりに吹いたw
バイトにでも任せててバックレられたのか?

129: 気になる人 ID:9x1h8V9q0.net
>>7
これやろなぁ

1: 気になる人 ID:Iv756abt0.net
“町屋の壁無許可で変更”京都市が行政代執行
12月10日 13時09分

京都の伝統的な町屋が建ち並ぶ地区で、条例で定められた許可を受けずに町屋の外壁をショーウインドーに変更したとして、 京都市は建物を強制的に元の状態に戻す行政代執行を行いました。
京都市によりますと、伝統的建造物の条例違反で行政代執行が行われたのは全国で初めてだということです。

京都市東山区産寧坂地区は町屋や神社、それに寺などの建物が建ち並ぶ伝統的な景観が残っていて、
京都市は「伝統的建造物群保存地区条例」を定めて建物を残そうとしています。
京都市によりますと、この地区の一角にある町屋の建物に入った雑貨店が、許可を得ないまま壁に縦横1メートル余りの ショーウインドーを設置したことから、元に戻すよう勧告や命令を行ってきました。

しかし、改善されなかったため強制的に壁を元の状態に戻す行政代執行を行うことにしたもので、10日午前、 市の職員が店主に宣言文を読みあげたあと、業者がショーウインドーを木の板で覆いました。
雑貨店のチリ国籍の店主は「悲しいです。窓がないと営業に支障がでます」と話していました。
同じような条例は、金沢市や山口県萩市など全国の100余りの地区で制定されていますが、
京都市によりますと行政代執行が行われるのは初めてだということです。京都市景観政策課の山本一博課長は 「みんなで建築様式を守ることで価値を維持しているので、残念だが違反を見過ごすわけにはいかない」と話していました。

ソースに動画あり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141210/k10013863021000.html

このページのトップヘ