気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

映画

1: 花電車φ ★ 2013/07/21 17:58:38
米映画製作大手ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズは20日、
「スーパーマン」と「バットマン」が初めて共演する映画の製作を計画していることを明らかにした。
題名は未定。製作は来年開始される見通し。

同社はコミックや映画などの見本市「コミック・コン」で、
この映画の監督はスーパーマンシリーズの新作「マン・オブ・スティール」を手掛けたザック・スナイダーが務めると述べた。

同作品でスーパーマンを演じたヘンリー・カビルも出演する。バットマン役の俳優は今後決める。
ワーナー・ブラザーズによると、「マン・オブ・スティール」に出演したエイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインの各俳優も出演予定。
また、俳優クリスチャン・ベールがバットマンを演じた3部作を監督したクリストファー・ノーランが製作総指揮の1人として参加する。

スーパーマンとバットマンが登場する新作映画のストーリーは明らかでないが、
スナイダー監督は2大ヒーローがライバル同士を演じることを強く示唆した。
クリスチャン・ベールは米芸能メディア「エンターテインメント・ウイークリー」に今月、バットマンの新作には出ないことを明らかにしていた。
「マン・オブ・スティール」は今年6月に封切られ、最初の週末で1億2510万ドルを稼ぐなど同月公開の作品としては最高額の興行収入を記録した。
ワーナー・ブラザーズによると、世界規模での興行収入はこれまで計6億3000万ドル。

ソース:CNN.co.jp
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35034940.html
no title

734e39c7

1: yomiφ ★ 2013/04/16(火) 12:12:20.46 ID:???
4月6日より新宿バルト9で先行公開され、13日より全国公開がスタートした映画「HK/変態仮面」。
わずか12館でのスタートにも関わらず、現時点で異例のアベレージを記録しており、週末はメイン館の新宿バルト9で満席続出、異例の大ヒットスタートを切った。

週末にはキャスト、監督、原作者が東京・横浜・博多・名古屋で舞台挨拶を実施。すべての回が満席となり、東京以外のエリアでも順調な興行となっている。

客層としては、13日(土)に、新宿バルト9で行われた舞台挨拶で福田監督が驚いたように、作品のタイプとしては異例なほど、女性客の来場が目立つのが特長。
また、横浜で行われた舞台挨拶では、原作を読んでいた父親に連れられた家族連れが見られたほか、幅広い層が劇場に足を運んでおり、今後も順調な興行が期待される。

当初は、DVDを中心とする企画だった「HK/変態仮面」
。主演の鈴木亮平の原作へのリスペクトや気合い、公開ギリギリのタイミングまで粘って製作をした福田組の熱意が、作品を原作者も驚愕するレベルにまで押し上げた。

結果、その熱は国内公開前から海外に伝播。国内外から高い注目を受ける作品になり、企画段階の想定興行収入の10倍を記録する大ヒットスタートとなっている。

http://www.narinari.com/Nd/20130421287.html

1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/02/25(月) 14:43:13.90 ID:+d7f+9860
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3749.html 

「東京」 (株)プレノン・アッシュ(資本金8000万円、港区北青山2-7-26、登記面=港区南青山3-10-17、代表宇都宮弘子氏ほか1名)は、2月20日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。 

 破産管財人は若林眞弁護士(千代田区神田錦町3-12-10、電話03-5282-7121)。債権届け出期間は3月21日までで、財産状況報告集会期日は5月17日午後3時30分。 
  
 当社は、1988年(昭和63年)2月創業、91年(平成3年)3月に法人改組した映画の版権販売、配給・製作会社。台湾など外国映画を中心とした配給を手がけ、2006年10月期の年収入高は約1億5000万円を計上。 
直近では『スープオペラ』(2010年公開、出演坂井真紀ほか)の配給を手がけたものの、案件の減少から2011年10月期の年収入高は約5000万円となっていた。 

 こうしたなか、2012年に当社が企画、製作を手がけ、香港出身の俳優トニー・レオン、松田翔太、前田敦子を主演とする1905年の横浜を舞台とした『一九〇五』(いちきゅうぜろご、黒沢清監督)の、日本・中国の共同製作が決定。 
当社と松竹(株)が共同配給する予定で、同年11月からのクランクイン、2013年秋の全国公開を予定していたが、尖閣諸島問題の発生から同映画製作が事実上頓挫し、資金繰りがひっ迫。今回の措置となった。 
  
 負債は債権者約129名に対し約6億4300万円。

このページのトップヘ