気になるネタブロ

気になるニュースとかネタをまったり更新します!!

USJ

1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/04/25 09:10:48
 同志社大学(京都市)の男子学生が、フランスの首都パリ近郊にあるディズニーランドで アトラクションから身を乗り出すなどの迷惑行為をした際の写真をインターネット上に公開したりしていたことが24日、分かった。

同大では先日、大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で別の学生が迷惑行為をしていたことが発覚したばかり。
男子学生は「USJ騒動を見て受けねらいで悪ふざけをした」と話しているという。

 同大によると、男子学生はパリのディズニーランドで運行中のアトラクションから身を乗り出している写真のほか、 撮影場所は不明だが、下半身を露出させた写真をインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に投稿。
ネットユーザーらから非難され、現在は消去しているという。

 同大には先週、電話で情報提供があり、大学側が確認したところ学生は事実を認めたという。
大学側は「本人に猛省を促し、指導していく」としている。

 同大では、別の男子学生が神戸大学(神戸市)の男子学生らとともに
USJでアトラクションの運行中に乗り物から飛び降りるなどの迷惑行為を繰り返し、
入園禁止になるなど、問題になっていた。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130425/wlf13042507310000-n1.htm

1: 禿の月φ ★ 2013/04/12(金) 06:54:11.60 ID:???P
テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」(大阪市此花区)で
大学生の迷惑行為が続発している問題で、愛知淑徳大学の女子学生4人も
同様の行為に及んでいたことが11日、大学への取材で分かった。

大学によると、4人の女子学生は3月8日にUSJを訪れ、バナナを手に持って
「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に乗って記念撮影。施設内への飲食物の持ち込みは
禁止されているが、その写真をあえてツイッターに投稿した。

そのツイートを、USJへの迷惑行為が先に発覚した神戸大文学部2年の
男子学生(19)グループがリツイートしたという。大学側は複数の問い合わせなどで
事態を把握し、4人を処分。処分内容は明らかにしていない。

学生によるUSJへの迷惑行為が判明したのは
神戸大と同志社大、関西外大に続き、4校目。

ソース:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130412-OHT1T00031.htm

125636742329416113304_usj01

1: アメリカンショートヘア(徳島県) 2013/04/05(金) 21:49:42.57 ID:JvgjA2F20 BE:4410863879-PLT(12000) ポイント特典
ジェットコースターから身を乗り出し運行を止めたり、ボートをわざと転覆させて謝罪を求めたり――。
神戸大学文学部2年の男子学生(19)らがUSJでの迷惑行為をブログなどで自慢し、ネット上で騒ぎになっている。
神戸大では、事実関係を認めて、今後処分を検討すると言っている。
この男子学生は、大阪市内の人気テーマパークのUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が好きで、高校時代から仲間と上半身裸でジェットコースターに乗るなど騒いでいたらしい。
誓約書を書かせ、退園勧告しても止めず
本人のブログを見ると、身を乗り出すなどの行為は度々していたようで、神戸大入学後の2012年7月2日には、ウォータースライダーに乗ったときのことを書き込んだ。
学 生は2人乗りボートでスタート直後から、仲間と水を掛け合った。最後のカーブで、学生が右に体重をかけるとボートがひっくり返り、2人とも私服がずぶ濡れ に。すると、USJの係員が慌て出し、「お怪我はないですか」「誠に申し訳ございません」と声をかけてきた。騒ぎでアトラクションは一時運休になった。
ところが、仲間が「お詫びのアトラクション券とかないんすか」と言い出した。そして、自ら迷惑行為をしたのに、ジェットコースターに並ばずに乗せてもらったというのだ。
また、10月16日には、草むらに潜んでいきなり飛び出し、女性らをびっくりさせた結果、係員から「驚いてケガをした人もいる」と注意を受けたことも明かした。
ほかの大学の学生とも一緒に悪ふざけをしていたようで、アトラクションから飛び降りて、また飛び乗ったことを「偉業」などとブログではやし立てた。そこでも、運行休止する騒ぎになっていた。
学生らは、マークしている係員が度々注意し、親に報告して誓約書を書かせ、さらに、退園を勧告しても、迷惑行為を止めなかったようだ。

このページのトップヘ